横断幕関連情報

HOMEタペストリーのデザイン

最終更新日:2017/09/07

タペストリーのデザイン

ABCの文字が書かれたタペストリー

街を歩くと必ず目に飛び込んでくるタペストリーですが、そのクオリティは印刷技術の発展により年々上がってきています。そのため、店頭や商業や企業など沢山の場所で活用され重宝されています。そんなタペストリーの制作はとても簡単で値段も低コストで行う事ができる為、メリットの多い宣伝方法として好まれています。
タペストリーに印刷するデザインは、店舗看板などとは違って自由度がとても高い事が魅力です。デザインについての指定はほとんど無く、そのためオリジナル色の強いインパクトのあるタペストリーを作る事が可能なのです。どことも被る事の無い、たった一つのものを制作できます。写真はもちろんイラストも、高画質で再現性の高い、高クオリティな仕上りを期待できるのです。
タペストリーへの印刷は、インクジェット印刷が主流の印刷方法ですが、昇華転写捺染やダイレクト捺染などの方法もあります。この印刷方法によって光沢感を出したり、高級感を演出したりする事が可能なので、デザインを最大限に表現できます。
また自由度が高いのはこのような印刷性能だけで無く、サイズも細かく指定し、選択する事が可能です。用途に合ったピッタリの形で作れるのでミスマッチを避ける事ができます。そして、オリジナルのタペストリーを制作する時のデザインも、制作会社によってはデザインまで制作してくれるところもあります。ですからタペストリーを制作したいけどデザインが思いつかない。などといった不安も全く必要無いのです。
自らデザインされる方は作成するアプリケーションには気をつけてください。制作会社のホームページを見ると、このアプリケーションには対応不可能です。などと記載されている事もあるので、デザインを制作する前に確認しておくと良さそうです。ただ、印刷可能ではないデザインデータであっても変換手数料を払う事によって対応してくれる場合もありますので、まずは会社に問い合わせをしてみると安心です。
そしてデザインデータが完成してからは、制作会社と色の再現性や、制作イメージを見た後に生まれる疑問などは打ち合わせの段階で解消しておきましょう。納品されてからの変更を避ける為に、デザインの確認は慎重に行ってください。アニメキャラのタペストリーの場合であれば色の再現性が低い事で見た目の雰囲気も変わってしまうので妥協できない部分だと思います。なので、自分のデザインにはこだわりを持って挑んで損は無いと言えます。
このようにタペストリーは自由度が高いからこそ、印刷するデザインには手を抜けません。美しくて完璧なタペストリーで沢山の人の視線を集めてください。

一覧はこちら

銀座の美容整形ランキング

TOP