横断幕関連情報

HOMEタペストリーの種類

最終更新日:2017/09/07

タペストリーの種類

熊の絵が書かれたタペストリー

いざタペストリーを制作しようと思うと、気になるのがタペストリーの素材の種類や、使用用途に相応しいタペストリーの種類だと思います。そんな方の為にタペストリーの種類についてここでは説明していきたいと思います。
タペストリーの素材には、雨や風、日光から耐える事のできる耐久性を極めたタイプ、室内用のみに適しているタイプ、高品質な印刷を目的としたタイプ、光沢や高級感を出すタイプなど、使用シーンに合わせて自由に選ぶ事ができます。なので用途によって、素材やタイプをひとつひとつ定めていく必要があります。
まずは、素材の生地には、クロス、ターポリン、テトロンポンジ、スエード、トロマット、遮光ツイルなどがあります。中でもターポリンやテトロントロピカル、トロマット、遮光ツイルなどが野外に適している生地になります。他にも室内向きのものだったり、外でどれだけの時間使用するか、頻繫に収納する必要があるのか無いのかによっても、最適な生地を細かく選択する事ができます。ですから業者の方には要望を伝えて、詳しく提案してもらうのがいいでしょう。
タペストリーをどの場所に設置するのかでも種類が沢山あります。ショーウインドーなのか、店の壁に吊り下げるものなのか、バナーのように天井から吊り下げるものなのか、店舗前にフラッグとして使用するのか、自立型なのか、据え置き型なのかでも定めていけるので、タペストリーをどこでどのように、どういった意図で使用するのかを今一度確認する必要があります。
もちろん業者によってタペストリー自体のサイズは様々ありますし、またカットの形も選べる業者も多くあります。V字型、逆V字型、Rカット型などがあり、オリジナルで好きな形を要望できたりもします。両面印刷をするのかでも変わっていますが、用途によってはタペストリーの形も目にする人へ与えるインパクトに影響してきますので、形にもこだわってみるのも良いかと思います。
そして、上下バータイプや上下が袋になったタイプなどで、パイプで吊り下げるのか、紐で吊り下げるのか、ポールで吊り下げるのかも選べます。と、このようにタペストリー制作は使用用途によって最も適切なタイプを自由にカスタマイズできるメリットがあるのです。なのでタペストリーを業者に依頼して制作する場合には、この種類をある程度理解しているか、いないかでもスムーズさが変わってくると思います。つまりこれだけ種類のあるものになるので、満足のいくタペストリーを完成させる為にはできるだけ願望や要望をまとめておく事がポイントになってきます。

一覧はこちら

銀座の美容整形ランキング

TOP